顔のシミ・しみ取り対策と治療>顔のシミ・しみ 治療

顔のシミ・しみ 治療

顔のシミ・しみを消したい!!

一口に「顔のシミ・しみ」といっても、
生まれつきのものもあれば、
あとからできるしみもある。

顔のシミ・しみの種類によって形も色もさまざまで、
ご自分にあう治療法も違います。

効果的な顔のシミ・しみ治療をするには
まず顔のシミ・しみを知ることが大切です。

顔のシミ・しみはとりわけ30代以降の女性の顔面に多く出現します。

顔のシミ・しみが出来る原因は、いくつかあるのですが、
ほとんどの方が若いときから
日焼けによるダメージの積み重ねで
発生しているようです。

健康肌と顔のシミ・しみの境界は明瞭で、
大きさや形は万別、 痛い痒いなどの自覚症状もありません。

ただし、 放っておいても残念ながら自然に治癒することはありません。
むしろ増えていくことが多いのが現実です。

アスコルビン酸の内服や注射で内側からの治療、
そしてピーリングで肌の新陳代謝を高める、
レーザーでピンポイントに治療する。

数え切れない顔のシミ・しみには
フォトフェイシャル・MEDILUXなどの光治療で洗う。

お悩みにあった治療方法を見つけることも大切ですが、
顔のシミ・しみの最たる敵は紫外線です。

そしてストレス。
ストレスや精神的不安を
受けると脳下垂体から顔のシミ・しみの原因となる
メラニン生成を支配する
メラノサイト刺激ホルモンの分泌が促進されしみができます。

ストレスフリーな生活を心がけましょう。

そして、よく美容皮膚科美容外科で、
顔のシミ・しみをとるつもりでレーザー治療をしたら、
ひどいあざができた
というテレビを見かけます。

しっかり、口コミサイトなどで
調べてから、美容皮膚科美容外科を
選んだほうが良いと思います。



顔のシミ・しみ 治療

日焼けをしすぎて顔などにシミができた場合の
最新の治療法を紹介します。

美容皮膚科などで広く使われているものとして
メラニン生成阻害剤のハイドロキノン(肌の漂白剤)などもあります。

肝斑にはハイドロキノンを塗ると効果があり、
老人性色素斑にはメラニンを確実に破壊する
レーザー治療が最も効果的です。

また、一般にこれらのシミ治療は保険が適用されないので、
治療費もあわせて医療機関で相談ください。

ただ、よく美容皮膚科で、
シミをとるつもりでレーザー治療をしたら、
ひどいあざができた
というテレビを見かけます。

しっかり、口コミサイトなどで
調べてから、美容皮膚科美容外科を
選んだほうが良いと思います。