顔のシミ・しみ取り対策と治療>顔のシミ・しみ 予防

顔のシミ・しみ 予防

顔のシミ・しみとして現れるメラニンを含む古くなった角質を、
洗顔により取り除くことで、肌本来の透明感を引き出すことも重要です。

ただし必要以上の洗顔は肌にダメージを与えることもあるので、
やさしく洗顔を行ってください。


スキンケアで一番大切なのは何ですか?
という質問に、ほとんどの皮膚の専門家は口をそろえて、
一番大事なのは洗顔だと答えます。


「地球のお医者さん」とも言われる
平井孝志博士によって生み出された、
洗顔石けん

この洗顔石けんで、剥がれにくくなった古い角質をとり、
古い角質が顔のシミ・しみとして残ることを防ぎましょう。


肌の汚れや古い角質などのタンパク質だけに反応し、
分解するという特徴がある天然微生物酵素。

よく泡立てたたっぷりの泡で、
肌トラブルの原因となる毛穴の奥の汚れ、
古い角質だけをやさしく包み込むように吸着して、
残らずしっかり落としてくれます。

つまり、肌に必要な潤いまで取り去ってしまうことなく、
肌にとって不必要なものだけをきっちり洗い流してくれるのです。

そんな優しく、しっかり汚れを落としてくれ、
古い角質が顔のシミ・しみとして残ることを防いでくれる
洗顔石けんはこちら

顔のシミ・しみ 予防

肌表面にシミ・しみとして現れる
メラニンによる色素沈着をおこさせないためには、
皮膚の新陳代謝を高めることが大切です。

顔のマッサージやエクササイズによって血液循環を改善し、
化粧水や美容液、乳液などの化粧品を使用して保湿を行い、
ターンオーバーを促します。

◇ターンオーバーとは?

人の表皮は約28日のターンオーバー(新陳代謝)と
呼ばれる細胞の再生サイクルで生まれ変わります。

最も深い基底層で作られた細胞は、
皮膚の表面へ約14日かけて押し上げられ、
約14日皮膚を保護する角質層となり、はがれていきます。

びっくりする事実ですが、
30歳から70歳の間にこの肌のターンオーバーは
なんと!50%も衰えるといわれています。


通常、メラニンを含んだ細胞は肌表面に押し上げられ、
やがて剥がれ落ちていきます。

しかし、加齢や乾燥などによって
肌の新陳代謝(ターンオーバー)が停滞すると、
古い角質が剥がれにくくなり、
いつまでも顔のシミ・しみとして残ることがあります。

これが年齢を重ねると共に顔のシミ・しみが現れてきやすくなる原因です。

そこで、大事になってくるのが洗顔です。

スキンケアで一番大切なのは何ですか?
という質問に、ほとんどの皮膚の専門家は口をそろえて、
一番大事なのは洗顔だと答えます。


「地球のお医者さん」とも言われる
平井孝志博士によって生み出された、
洗顔石けん

この洗顔石けんで、剥がれにくくなった古い角質をとり、
古い角質が顔のシミ・しみとして残ることを防ぎましょう。


肌の汚れや古い角質などのタンパク質だけに反応し、
分解するという特徴がある天然微生物酵素。

よく泡立てたたっぷりの泡で、
肌トラブルの原因となる毛穴の奥の汚れ、
古い角質だけをやさしく包み込むように吸着して、
残らずしっかり落としてくれます。

つまり、肌に必要な潤いまで取り去ってしまうことなく、
肌にとって不必要なものだけをきっちり洗い流してくれるのです。

そんな優しく、しっかり汚れを落としてくれ、
古い角質が顔のシミ・しみとして残ることを防いでくれる
洗顔石けんはこちら

顔のシミ・しみ 予防

紫外線対策(=顔のシミ・しみの予防)として、
メラニン色素を沈着しにくい健康な肌にすることも大切です。

顔のシミ・しみのできにくい新陳代謝のよい健康な肌を形成するために、
ミネラルとビタミン充分に摂りましょう。

特にビタミンCは、
顔のシミ・しみのできにくいお肌にするためにかかせませんよ!


ビタミンE、ビタミンC、ベータカロチン、ルテインなど
他の抗酸化物よりも更に効果的な抗酸化作用を発揮します。


そして、ビタミンEの1,000倍の抗酸化力をもつ、
【アスタキサンチン】という成分配合の化粧水

顔のシミ・しみを防ぐために自分でできるケアとして
この化粧水を、普段から、使えば、予防はばっちりですね。

・シミ防止・美白維持効果
・抗酸化作用・抗炎症作用
・肌荒れ防止・紫外線から肌を守る
・老化を防止する抗酸化力がビタミンEと比べて、およそ1000倍

また、皮膚細胞で作られるメラニン色素の量を抑制し、
紫外線によるシワ・シミを防止する効果もある
化粧水はこちら

顔のシミ・しみ 予防

顔のシミ・しみの予防には、
夏場の強い紫外線から顔などを
しっかり防御することが一番です。

それには紫外線の強い正午前後の二時間の外出は控えましょう。

そんなこと言っても無理ですよね・・・。

そこで、
外出する場合は日傘、帽子、襟巻き、長そでシャツなどで
皮膚にあたる日光を減らすとともに
露出部には日焼け止め(サンスクリーン剤)を塗りましょう。

サンスクリーン剤の効果は、
SPF(Sun Protection Factor)という数値で表示されています。

海水浴などではSPF20以上、
ドライブなどではSPF10程度が必要です。

車や室内にはガラスがあり、
紫外線の心配は少ないと思われる人も多いですが、
顔のシミ・しみやしわの原因になる紫外線はガラスを透過するので、
サンスクリーン剤を忘れずに塗ってください。