顔のシミ・しみ取り対策と治療顔のシミ・しみ 予防顔のシミ・しみ予防は洗顔

顔のシミ・しみ 予防

自力で顔のシミ・しみを予防する方法にはいくつかあります。

医療機関などで、顔のシミ・しみ取り治療や処方してもらうのではなく
自らの、免疫力をアップさせたり、市販の顔のシミ・しみ予防の化粧品などを購入するなどして、
生活していく中で、無理なく顔のシミ・しみ予防が始められる方法を紹介します。

顔のシミ・しみ予防の基本は、洗顔で余分な汚れをやさしく取り除くことです。

その後、しっかりスキンケアをして、
肌の乾燥を防ぎましょう。


●クレンジング

洗顔の前に行うクレンジングは、メイクをしていなくても毎日行うようにしましょう。

おもにTゾーンや、メイクの濃い目元などを丁寧に。

メイクにすっとなじみ、さらさらとした指触り。
メイクを簡単に落とせるクレンジング力を活かしつつ、
高品質のオリーブオイルでお肌への優しさも実現した
クレンジングはこれ


●洗顔

洗顔は細かい泡を立てるのがポイントで、Tゾーンは指先のはらを使い丁寧に洗います。

そしてUゾーン(目元、頬)をぬるま湯ですすぎましょう。

洗顔のときに、きちんと落とさなければいけないのは、メイクや皮脂などの汚れです。

もし、肌に汚れが残っていると、酸化がすすみ肌をくすませる原因にもなります。

古くなった角質だけがくすみの原因ではなく、いつまでもメイクを残さない
というのも洗顔のポイントのようですね。

但し、洗いすぎによる肌への刺激は、かえって
色素沈着の原因にもなりかねないので、気をつけましょう。

この洗顔石けんで、剥がれにくくなった古い角質をとり、
古い角質が顔のシミ・しみとして残ることを防ぎましょう。

「地球のお医者さん」とも言われる
平井孝志博士によって生み出された
洗顔石けん


肌の汚れや古い角質などのタンパク質だけに反応し、
分解するという特徴がある天然微生物酵素。

よく泡立てたたっぷりの泡で、
肌トラブルの原因となる毛穴の奥の汚れ、
古い角質だけをやさしく包み込むように吸着して、
残らずしっかり落としてくれます。

つまり、肌に必要な潤いまで取り去ってしまうことなく、
肌にとって不必要なものだけをきっちり洗い流してくれるのです。

優しく、しっかり汚れを落としてくれ、
古い角質が顔のシミ・しみとして残ることを防いでくれる
洗顔石けんです。

顔のシミ・しみ予防は正しい洗顔から。

<<顔のシミ・しみが増えるとき顔のシミ・しみ取り対策と治療のトップへ顔のシミ・しみに良いマッサージとパック>>

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字