顔のシミ・しみ取り対策と治療顔のシミ・しみ 原因顔のシミ・しみが増えるとき

顔のシミ・しみ 原因

顔のシミ・しみが発生するのは、色素細胞の神経系との関連があり、体の不調、睡眠不足、間違ったスキンケア、精神的ストレスや過労、紫外線、乾燥、老化などで、
肝臓疾患やホルモンのバランスが崩れている時。

卵巣の働きが悪いことなどでも肌にシミが起こりやすいのです。

卵胞ホルモン・黄体ホルモンなどのアンバランスによって、
脳下垂体が影響を受けて顔のシミ・しみになります。

肌が過敏になっている時にも、ダメージを受けやすいのです。

女性には、月経や妊娠により、女性ホルモンである黄体ホルモンの
分泌と、卵胞ホルモンのバランスの乱れがシミを増やすとも言われています。

このいずれかの原因によって、色素細胞が活発になり、
ターンオーバーのリズムが崩れてしまいます。

その結果メラニン色素が排出されずに表皮に残ってしまい、
沈着し、顔のシミ・しみとなってしまうのです。

<<顔のシミ・しみができやすい人顔のシミ・しみ取り対策と治療のトップへ顔のシミ・しみ予防は洗顔>>

コメントする

名前
URL
 
  絵文字