顔のシミ・しみ取り対策と治療顔のシミ・しみ 予防顔のシミ・しみ対策に 正しいスキンケア

顔のシミ・しみ 予防

間違ったスキンケアは、顔のシミ・しみの原因になります。

顔のシミ・しみを防ぐために正しいスキンケアを知りましょう。


【紫外線対策スキンケア】

顔のシミ・しみを防ぐために、紫外線対策は必須です。夏だけでなく、一年を通して、
日焼け止めローションやクリームの使用を続けましょう。

家の中にいても紫外線は窓ガラスを通して入ってきます。外出の予定がなくても
必ず日焼け止めクリームを塗ってメイクをして過ごしましょう。

外に出かける時はたとえ数分の外出であっても、必ず日焼け止めクリームを塗り、
さらに帽子や日傘などで紫外線を防ぐようにしましょう。

特に5月〜9月は紫外線の量が多いといわれます。
晴れの日だけでなく、曇りの日も紫外線対策を怠らないようにしてください。



【スキンケア方法】

まずはクレンジングが大切です。ファンデーションなどの化粧品が
肌に残らないよう、ナチュラルメイクの時もきちんとクレンジングしましょう。
この時、肌をごしごしこすらずに、優しくクレンジングして下さい。


メイクにすっとなじみ、さらさらとした指触り。
メイクを簡単に落とせるクレンジング力を活かしつつ、
高品質のオリーブオイルでお肌への優しさも実現した
クレンジングオイルはこちら


次に洗顔です。洗顔石けんをよく泡立てて、泡で顔を洗うような感じで
優しく洗いましょう。手と顔の間に、常に泡があるようにしてください。

洗顔のあとのすすぎですが、ぬるま湯をかけるようにすすいで下さい。
この時も顔をこすらないように気をつけてください。
その後は、タオルでこすらず押さえるようにして水分をふき取って下さい。


化粧水は、たっぷりと、軽くたたくようにして肌になじませましょう。
必要になるケアは美白成分プラス傷ついた肌をケアする成分です。

顔のシミ・しみ対策には、傷ついた肌をケアするミネラルと、美白成分がたっぷり含まれた
化粧水をおすすめします。

化粧水をつけただけでは、化粧水が蒸発してしまい、余計に肌が乾燥します。
化粧水の蒸発を防ぐ役割のある乳液やクリームをつけてください。



◇化粧水


この顔のシミ・くすみから透明感のある肌へ導いてくれる化粧水は、

・シミ防止・美白維持効果
・抗酸化作用・抗炎症作用
・肌荒れ防止・紫外線から肌を守る
・老化を防止する抗酸化力がビタミンEと比べて、およそ1000倍

といった美しいお肌を保つためのポイントを網羅的にカバーしています。

また、皮膚細胞で作られるメラニン色素の量を抑制し、
紫外線によるシワ・シミを防止する効果も認められています。

なんと、老化を防止する抗酸化力はビタミンEの1,000倍!
顔のシミ・くすみから透明感のある肌へ導いてくれる化粧水はこちら。



◇ゲルクリーム

お肌を再出発させ、本来持つ自然な素肌力を引き出してくれるゲルクリーム。

このゲルクリームひとつで20種類以上の美容成分をお肌に与えることができます。その中には使ってみたい話題の成分ベスト3配合。
さらに、紫外線によるシワ・シミを防止する効果を持つアスタキサンチンもたっぷり含まれています。

お肌を再出発させ、本来持つ自然な素肌力へ
あなたもこの感動を体験してみてください。


◇洗顔石けん

この洗顔石けんで、剥がれにくくなった古い角質をとり、
古い角質が顔のシミ・しみとして残ることを防ぎましょう。

「地球のお医者さん」とも言われる
平井孝志博士によって生み出された、
洗顔石けん


肌の汚れや古い角質などのタンパク質だけに反応し、
分解するという特徴がある天然微生物酵素。

よく泡立てたたっぷりの泡で、
肌トラブルの原因となる毛穴の奥の汚れ、
古い角質だけをやさしく包み込むように吸着して、
残らずしっかり落としてくれます。

つまり、肌に必要な潤いまで取り去ってしまうことなく、
肌にとって不必要なものだけをきっちり洗い流してくれるのです。

そんな優しく、しっかり汚れを落としてくれ、
古い角質が顔のシミ・しみとして残ることを防いでくれる
洗顔石けんはこちら

<<顔のシミ・しみ 内的要因顔のシミ・しみ取り対策と治療のトップへ出来てしまった顔のシミ・しみ改善方法>>

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字