顔のシミ・しみ取り対策と治療顔のシミ・しみ 予防女性ホルモンと顔のシミ・しみ

顔のシミ・しみ 予防

女性の場合、女性ホルモンとメラニン色素も関係しています。

排卵から次の生理までの約2週間は、
ホルモンとの関係でメラニン色素ができやすいようです。

また妊娠中にシミやソバカスができやすいのは、
MSH(メラノサイト刺激ホルモン)というホルモンが、
通常の10倍近くにも増え、メラニン色素が多く作られやすい状態になるからです。

このため普段よりも紫外線の影響を受けやすく、
シミやソバカスが増えてしまうのです。

妊娠中には、普段以上に紫外線対策を心がけましょう。

<<できてしまった顔のシミ・しみへの対策顔のシミ・しみ取り対策と治療のトップへ顔のシミ・しみ対策の注意点>>

コメントする

名前
URL
 
  絵文字