顔のシミ・しみ取り対策と治療顔のシミ・しみ 原因顔のシミ・しみの種類

顔のシミ・しみ 原因

顔のシミ・しみにも種類があります。

◇肝斑

一般的にシミと言っているものの多くはこれにあたります。
褐色のシミが、額や頬、目や口の周りに左右対称に現れます。

肝斑は、表皮の中でも一番下の基底層にある色素形成細胞(メラノサイト)によって作られるメラニン色素が、日焼け後増大し、皮膚の中に沈着してできるシミのことです。


◇そばかす

ソバカスは、メラノサイトという細胞そのものが日焼けによって変質してできるもので、子供から大人にまで現れます。

紫外線を浴び続けていると色が濃くなったり、数が増えたりするので、気をつけましょう。頬や鼻の周りに多く現れるほか、手足など体にも現れます。



<<顔のシミ・しみができやすい部分顔のシミ・しみ取り対策と治療のトップへ顔のシミ・しみはこんなことでもできる>>

コメントする

名前
URL
 
  絵文字